アイフルの審査はどのような基準で行われるのでしょうか?

アイフルへの申し込みを検討しているのであれば、まずは「1秒診断」を活用して審査に通過することができるかどうかを確認してみましょう。1秒診断はあくまでも基本的な項目に基づいた簡易的な審査なのですが、実際の申し込みを判断するための目安として多いに役立つはずです。またアイフルでは様々な借り入れのコースを提供していますので、自分の利用条件に適したコースを選択することが重要です。希望条件に合致しないコースなどには申し込まないように、くれぐれも注意をしてください。

 

アイフルのキャッシングは使いやすいコースを選択するようにしましょう

申し込み者が希望するコースに申し込むようにすれば、融資や返済などが活用しやすくなります。また提出する書類などもコースごとに異なりますので、事前に間違いがないようにしっかりと確認するようにしましょう。

 

アイフル

 

アイフルの利用条件は?

 

アイフルには様々なコースがあります。利用条件についてもコースごとに異なるのですが、安定した収入がある20歳以上の人であることが基本的な条件となっています。利用できる年齢の上限については明記されていませんが、70歳を超えると新規の借り入れが認められなくなるようです。また一般コースとは別に設定されている「プレミアムキャッシング」については、利用条件が23歳以上に設定されています。コースごとに利用条件などが異なるということをしっかりと把握することが重要です。

 

アイフルの審査にはどのように申し込めばよいのでしょうか?

アイフルの審査に申し込むのであれば、インターネットを活用する方法がおすすめです。必要な情報をアイフル公式ページの申し込みフォームに入力して送信すれば、すぐに審査が行われることになります。審査に通過することができれば、その後本人確認の書類などを提出することになります。ちなみに「わんポチッと」というコースの場合には、インターネットで申し込みをしてから必要な書類を携帯電話などで送信して、その後に実際の審査が行われることになります。また「目的ローン」の場合にはインターネット申し込みができませんので、店頭か電話で申し込みをしてください。すぐにお金が必要で即日融資を希望するのであれば、インターネット申し込みに対応したコースを選択することをおすすめします。

 

アイフルへの申し込みに必要な書類は?

 

アイフルに申し込むためには、まずは本人確認が可能な書類を準備してください。具体的には運転免許証、健康保険証、パスポート、住基カードなどを準備することが必要です。また外国人の場合には特別永住者証明書や在留カードなどを準備しましょう。いずれについても写しを提出することになりますが、現住所と記載された住所が異なるという場合には住民票の写し、印鑑証明書、公共料金の領収書などを別途準備してください。さらに借り入れ希望額が50万円を超える場合や、他社借入額と合わせた合計が100万円を超える場合には、収入が証明できる書類を提出することが必要になります。具体的には源泉徴収票、確定申告書、住民税決定通知書、所得証明書などを準備しましょう。一般的なコースに申し込むのであれば上記の書類を準備すればOKなのですが、目的ローンに申し込む場合にはさらに利用目的を証明する書類の提出が必要になるかもしれません。例えばブライダルローンへの申し込みであれば領収書、請求書、見積書、予約確認書のいずれかの提出が必要になります。

 

→アイフルの申し込み詳細

 

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル